ダイエットと食事の関係

ダイエットをするとなれば、一番多くの人が気にすることは食事のことではないかと思います。

やはり食べ過ぎていれば、当然太りますし、カロリーの高いものを食べていれば、痩せることはありませんよね。

ダイエットと食事の関係というのは切っても切れない関係にあるということです。

食べる時間帯、食べるものの種類、食べる量など、食事のことを意識することで、ダイエットをすることができます。

まず、食べる時間帯について、実は同じものを摂取していても食べる時間帯によっては、脂肪となって体に蓄積され易い時間帯と、そうでない時間帯があるそうです。

まず、誰もが知っているのは、夜遅くには食べないということですよね。

これは夜は副交感神経が活発になり優性になる時間帯であることから、脂肪を分解する酵素の働きが悪くなること、そして副交感神経というのは消化吸収を活発にする機能があるために太りやすくなります。

そして、食べるものの種類とについてですが、朝食はしっかりと糖質主体のものを食べること、昼食は脂肪分が多めでも大丈夫でボリュームのある食事を摂ること、そして、夕食は脂肪と量を控えて食べる様にします。

朝というのは、太りづらい時間帯であること、そして朝食を抜くと、体温が上がらず基礎代謝が悪くなることなどから、しっかり食べることがダイエットに繋がります。

一番太りにくいお昼の時間帯は、思う存分食べて高カロリーや脂肪分を気にしなくても良いので、ダイエットのストレスを解消できます。

夕食は脂っこくない食事をメインに、ゆっくり血糖値を上げる様に食事をするのがポイントです。

Comments are closed.

TOP